増崎孝司だけどせとさっきー

ハーバード大学医学校の研究結果によると、一般的なコーヒーと比較して1日2~3杯のカフェインが90%以上除去されたコーヒーを飲用すれば、なんと直腸ガンの発病リスクを半分以上減らせたとのことだ。
ともすると「ストレス」というものは、「消すべき」「取り去るべき」と思われがちですが、実際は、人は色々なストレスを感知しているからこそ、生き続けることができます。
鍼灸針を体に刺してもらう、というフィジカルな無数の刺激が、神経細胞を活発にして、神経インパルスという名の要は電気信号の伝達を引き起こすのではないかという見方が浸透しています。
世界保健機関(World Health Organization)は、紫外線A波の無理な浴び過ぎは皮ふに健康障害をもたらすとして、18歳以下の男女がファッション感覚で日焼けサロンを利用する行為の禁止を強く先進国に求めている最中です。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に在るインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまうことが原因となり、あの膵臓からインスリンがほぼ分泌されなくなってしまい発症するという種類の糖尿病なのです。
基礎代謝量(きそたいしゃりょう)というのは目覚めている覚醒状態で命を保つ(心臓の鼓動、呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋肉の緊張の維持等)ために必ず要る基礎的なエネルギー消費量のことをこう呼んでいるのです。
チェルノブイリ原発の爆発事故に関する数十年に及ぶ被害者の追跡調査の結果において、体の大きな成人よりも体の小さな子どものほうが飛んできた放射能の被害をよく受けることが判明しています。
最大の内臓である肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが溜まった状態の脂肪肝(しぼうかん、steatosis hepatis)は、狭心症を筆頭にありとあらゆる健康障害の合併症の元凶となるかもしれないのです。
過払い金 無料相談 姫路市
軽傷の捻挫だと決め込んでしまい、包帯やテーピングテープでとりあえず患部を固定し、様子をみるよりも、応急処置を施してから素早く整形外科医に診てもらうことが、結局は根治への近道となります。
「とにかく時間がない」「上っ面だけのいろんなお付き合いがすごく嫌だ」「テクノロジーや情報の高度な進歩に付いていくのが大変」など、ストレスがのしかかる場面は一人一人違うようです。
結核への対策は、長年、1951年施行の「結核予防法」にならう形で進められてきましたが、56年後の平成19年からはこれ以外の感染症とまとめて「感染症新法」に基づいて実行されることに決まりました。
強い痛みを伴うヘルニアとは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨と背骨の隙間にあるクッションに近い働きをしている椎間板(ついかんばん)という名称の円形の線維軟骨がはみ出してしまった様子のことを指しています。
流感、即ちインフルエンザに適している予防術や治療方法等、このようなベーシックな措置自体は、それが季節性インフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザであっても同じなのです。
上が140以上、下が90以上の高血圧が長い間続くと、全身の血管に重いダメージがかかった結果、頭頂からつま先に至るまで様々な血管にトラブルが生じて、合併症になってしまう確率が拡大するのです。
アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione)には、細胞の機能を下げたり突然変異をもたらす人体に悪影響を及ぼす有害物質を体の内部で無毒化し、肝臓の力を促進する働きが判明しているのです。